ノディングスの教育哲学

この記事は約1分で読めます。

20世紀 アメリカ合衆国 看護学・教育哲学 ネル・ノディングス
ケアリングの概念について
先駆的な役割を果たしたミルトン・メイヤロフが語る”献身”や”ケアされる人における成長の促進”ではなく
ケアする人の意識状態にかかわるものとして
”専心没頭”と”動機の転移”に裏付けられる【ケアに関する二項関係】が明確に存在する。

つまり
人は他人をケアするとき 同時にケアされてもいる というものである。

教師と生徒の関係においても
水平的関係を作りながら お互いに”弱さ”というものを受け容れあっているのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました