雑学の中の哲学の中の雑学

この記事は約2分で読めます。

北半球で水抜きしたときの渦の向きは
南半球では反対向きになる
赤道では 渦は できない

北半球と南半球で渦の方向が反対の理由

地球は非常にゆっくり自転しているので、空気の流れに当てはめると右方向に空気が流れていくことになります。この空気の流れが強くなることで左巻きの台風ができるのです。
逆に南半球では地球の自転は右向きとなるので、コリオリ力によって空気が左に向かって流れていくために、台風の渦は右巻きとなるのです。
このように北半球と南半球で台風の渦が反対なら、お風呂や洗面所などで貯めた水を流す際にできる渦も全て正反対だと考えてしまいそうです。しかしこのコリオリ力は台風など規模の大きなものに対して作用する力であって、実際に家庭の水回りで発生する渦には関与しないと考えられています。
徳島県の鳴門海峡の渦ですが、こちらは特殊な地形が作り出す渦潮です。この渦潮には右巻きもあれば左巻きもあるので、コリオリ力の影響は低いと考えられます。

イギリスを英語で言うと
イギリスは『UK(UnitedKingdom)』
イギリス人は『British』
英語は『English』

1年は365日  52週間  12ヶ月 季節は4種類 1季節は13週間

これはトランプに隠されたメッセージ
トランプは52枚あり、絵札は合計12枚 季節は4種類 トランプも4種類
トランプは1から13までありますが
1+2+3+4+5+6・・・・・+11+12+13=364
ジョーカー1枚を加えて 365となります

コメント

タイトルとURLをコピーしました