ニコラ・テスラ

この記事は約2分で読めます。

1856年にクロアチアで生まれたセルビア系アメリカ人の物理学者で発明家
8つの言語に堪能で 詩作・音楽・哲学に精通し
電流戦争ではエジソンのライバルだったそうです。

幼少期は空想にふけ、奇抜な研究内容が多く、数々の伝説などから
オカルトの世界で注目されるようになりました。

代表的な発明として
交流電流 蛍光灯 電子レンジ ラジオ 洗濯機 扇風機 遠隔操作(リモコン) ロボット 水力発電

ちなみに 父は 正教司祭でありました。
コソボにあるセルビア正教会の巨大修道院 デチャニ修道院。
この修道院の大聖堂にはビザンチン美術における現存最大のフレスコ画が残っています。
都市伝説界隈では有名な絵画のひとつです。

彼は
・現在は彼らのものかもしれないが未来は私のものだ。
・天才とは1%の直観と99%の徒労である。
と言い残しているそうです。

私が最も興味を持ったのは
【369ミロク】という数字の意味を知れば 宇宙への鍵を持つことになる
と摩訶不思議な発言をしていたことです。

こころのテラスに遊びにきてくれる方々の中に
彼の存在を知っている方が たまにいらっしゃることがあり
会話が盛り上がると・・・うれしくなります。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました