愛するということ

この記事は約3分で読めます。

エーリヒ・フロムの名著「愛するということ」

愛は技術であり、習得することで獲得できるものである。
愛とは何かを研究し続けた先生です。
愛とは練習するものであり、学ぶものなのである。
しかし、愛を学ぼうとする人は少ない。

愛が生まれないのは自分の能力の欠如だとは考えず
相手のせい、対象の問題としてとらえてしまうから。
人を愛することの訓練が足りていないからである。

継続的な愛には
お互いの努力や全人格的な成長が必要なのである。

人は なぜ、愛されたいと感じるのか
それは孤独を忘れるため愛を求めるのだと。

愛とは無条件に与えることである
対価(見返り)を求めずに他人に与え続ける行為である。
愛を与えることは自分の生命を与えること。
つまり
自分の喜び、興味、理解、知識など
自分にあるすべてを相手に惜しみなく与える。
それが愛なんだ。

愛とは「受け取る」ことではなく「与える」なんだ
自分から愛さないと 愛は生まれないことになっている。

生きているだけで愛されるとき、それが愛なんだ。

相手のことを知ろうとすることが愛なんだ。
相手が何を望んでいるのか
何に怒るのか、何を喜ぶのかを。
自分が自立していないと
どうしても相手をコントロールしないといけなくなる。
相手の自由を尊重できない人は
年齢的には大人でもまで自立ができていないのだ。

愛は自由の子であり決して支配の子ではない

愛が商品化され
交換できる愛があり
消費される愛がある
愛することが難しい時代に生きているのである。

どうしたら、もっと人を愛せるかを学ぶ人は少ない
どうしたら、もっと人に愛されるかばかりを気にしている。
人から好かれるテクニックにエネルギーを費やしている。

これが不幸を生み出している。

どうすればもっと相手を愛せるようになるだろうか
これを徹底的に分析しなければならない。
愛する技術の習得のために努力を惜しんではならない。

愛、それは人間の実存の問題に対する答えである。

人間のすべての活動が愛を知るためのものなのだ。
愛を表現しないと孤独を感じるようにプログラムされているからだ。
孤独を解消したいのならば
愛する技術を身につけることが重要なのである。

 

愛とは愛する者の生命と成長を積極的に「気に掛ける」ことである。

多くの苦しみは 分離された感覚 孤立しているという意識から生まれる。

自分のクリエイティブを発揮しているとき
人は孤独を感じなくなるのだ。
創造的活動に没頭しているとき
人は世界と一体化する。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛するということ [ エーリッヒ・フロム ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/9/13時点)

楽天で購入

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました