夜と霧~奇跡の名著~

この記事は約2分で読めます。

ヴィクトール・E・フランクル先生
小さいころから生きる意味に強い興味があり、フロイトから影響を受け、アドラーの弟子であった
哲学に造詣が深い精神科医
マザーテレサからノーベル平和賞の推薦を受けた
ロゴセラピーを開発し、多くの人たちを救済

「夜と霧」は・・・ヒトラーによる作戦名に由来している

生きる意味とは何か人はなぜ生きるのかを考究

ユダヤ人ということで36歳のとき
強制収容所へ連行された
人類史上最悪の惨劇を体験
劣悪な環境の中、地獄のような毎日を送った
労働者として認められない者は
次々とガス室へ運ばれていく
心を保ち続け
どうにか生き延びられた

絶望に耐えられず、死を選ぶ人の特徴
それは
自分の外側に期待をする人
つまり
自分でコントロールできない外部環境に期待してしまう

自分自身に期待する人たちの多くが生き延びた
未来の自分をポジティブにイメージできる人
未来に自分を待っている人、待っている事があると信じ抜く人

収容9ヶ月前に結婚した最愛の奥さんのことを常に対話をしていた
確かにそこにいると心に強く想っていた

それに救われたと語っている
事実、奥さんはすでに処刑されていたが
死んだことすら関係なかった
本質的な愛があればたいした問題ではなかった
「愛こそが人間にとって最高のものである」

「生きる意味を問うのではない
我々が問われているのだ」

私たちは人生の意味を神様にたずねる立場ではない たずねている場合ではない
私たちは神様からの問いに自分の人生をもって答えなければならない
外に答えを求めるのではなく
自分の中に答えを見つけていくのである

意識が自分に向かっている

俯瞰的に自分を見る
どんな状況も どんな状態も
自分はある種の実験過程にあると客観的に見る
自分事を他人事に切り替えてみる

「ブーヘンヴァルトの歌」
囚人が作り囚人が歌った行進曲
私は嘆いたり、悲しんだりはしない
私たちの運命がいかなるものであろうとも
私たちはそれでも人生にイエスと言おう
なぜならその日はいつか来るから

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夜と霧新版 [ ヴィクトル・エミール・フランクル ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/9/13時点)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました