自尊心を失う心得

この記事は約3分で読めます。

たしか平成29年ころに
とあるサイトで見つけたものですが
今は・・・ネット検索にひっかかりません

L・S・バークスデイルという人物の言葉らしいのですが
この人物の詳細はまったく謎です

『心得』
私が自尊心というものを失う
あるいは砕かれるとき
いずれかに当てはまります

これらの心得の”逆張り”を
意識することが
大切なのではないかと感じています

1 自分の行為イコール自分と思うどんなに愚かなこと未熟なことをしたとしても自分はかけがえのない存在であることに気づかない 2 どんな苦難に遭遇しても自分の人生に責任をもち自己の成長を図り幸せをつかもうという気概をもたない 3 人生に目的をもたず真剣にその目的を探そうとしない明確な目標がないので物事を決定する指針がなく気ままに漠然と日々を送る 4 自分の人生は自分で切り開く権利があることに気づかずその権利を行使しようとしない他人の許可や同意を過剰に求める 5 もっぱら他人のごきげんを取ろうとするまずは自分自身のごきげんを取るべきであって他人のごきげんではない他人ではなく自分自身の成長を図ることに集中すべきだが、その考えを受け容れようとしない 6 たとえミスをしようとも、感心できないことをしようとも、人間的なもろさをさらそうとも、自分はそのとき最善を尽くしたのだということに気づかない 7 羞恥心や罪悪感、後悔や自己憐憫の情に駆られる 8 いたずらに自己批判し自責の念におぼれる失敗をすると自分はダメだと思い自分を痛めつける 9 人はみな等しく価値があり大事だということに気づかず他人の意見を頼りに自分の価値を測ろうとする違うのは能力だけだという認識がない 10自分を思いきり表現する権利や自由を自分に許さない 11納得のいく結果が出る前にあきらめる 12自分の大切さや価値を測るのに自分自身や自分がしたことを人と比べる自分の価値は優れた業績を通して示さなければならないと思い込んでいる 13周りに同調し自分の信念を貫こうとしない人に自分を無視させて過小評価させておく 14自分でやれるのに他人に頼る 15世間の標準と比べて自分がどうであるかに関わりなく自分の存在そのものがかけがえのないものであることに気づかない 16自分のミスや失敗、短所や人間的もろさに接するたびに自分はダメだと決めつける
1 自分の行為と自分の存在はまったく異なる次元である 2 すべては自己の成長のためのできごとである 3 自分の人生の目標をできるだけ具体的に描く(うまくいくかどうかは不問) 4 自分の人生は自分でいくらでも好きなだけ変化、修正、創造できる 5 不機嫌な人はそのままにしておいてよい 6 自分は常にそのときそのとき最善を尽くしている 7 羞恥心や罪悪感、後悔や自己憐憫の情を外在化させる(自分を俯瞰する) 8 事実のみに基づく自己分析だけで十分 9 人と人の間には”上下”も”先後”もない(優劣はあるがそれは能力差のみに言及される) 10自分を表現してもよい 自分は自由であってよい 11納得のいく結果が出るまでやってみる 12他人と比べても自分の価値は測れない 13自分が信じているものはゆずらない 14自分でやれることは自分でやってみる 15標準や常識にとらわれない 16自分のミスや失敗、短所や人間的もろさに接するたびに自分でよかったなぁ

コメント

タイトルとURLをコピーしました